INFORMATIONインフォメーション

【総料理長 因藤典文、副総料理長 マーク・ボナー就任のお知らせ】

CATEGORY / レストラン

料理のコンセプトは「モダンクラシック」
地産地消として地域の旬の素材を取り入れながらも伝統的で上質かつ遊び心溢れるANAクラウンプラザホテル成田でしか召し上がることのできない心に残る料理を提供して参ります。
 

■因藤 典文(いんどう のりふみ)プロフィール
北海道小樽市出身。札幌、東京の有名ホテル・フレンチレストランで修行。1995年渡仏、三ツ星「ラ・コートドール」巨匠ベルナール・ロワゾ―をはじめ二つ星「ジャック・マキシマン」M.O.F.(フランス国家最優秀職人章)ジャック・マキシマン両氏に師事。帰国外資系ホテルのシェフに就任。2002年サッカー日韓W杯ではイタリア・アルゼンチン・サウジアラビア代表チームのシェフを歴任。世界のVIPに料理を提供。2018年フランス ラ・シェーヌ・ド・ロティスール協会よりメートル・ド・ロティシエ(騎士称号)を叙勲。2021年11月ANAクラウンプラザホテル成田の総料理長に就任。

■マーク・ボナー(Marc Bonard)プロフィール
フランス出身。16歳で料理学校卒業後、有名レストランで修行。オテルドクリヨン パリ二つ星レストラン「アンバサドゥール」ではクリスチャン・コンスタン氏に師事。1994年に来日後、日本を代表するフレンチレストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」で三國清三氏に師事。その後、「ル・コルドンブルー代官山」で教授として5年間教鞭を振るう傍ら、豪華客船の料理プロデュースやマカオとジャカルタのフレンチフェアにゲストシェフとして招聘される。2021年11月よりANAクラウンプラザホテル成田の副総料理長に就任。

一覧へ戻る

ARCHIVESアーカイブ

2022年(3)

2017年(1)

ページ先頭へ